野球 試合日程

プロ野球やメジャーリーグの試合日程と過去データを色々まとめています。

スポーツベット 違法性

この記事では、スポーツベットの違法性についてまとめています。

試合結果や内容について賭けをするスポーツベットについては、

「やってみたいけど違法じゃないか不安・・・」
「大相撲で野球賭博をしてて問題になってたし

と感じている方も多いと思います。


ただ結論からいえば、スポーツベットに違法性がないケースもあります。

それは、ブックメーカー(賭けサービスを提供する業者)が合法的に運営されている場合です。

日本で賭博罪が適用されるのは、

  • 賭けを開催する側・・・違法
  • 賭けに参加する人・・・違法
こういう場合です。

でもブックメーカーが合法的に運営されていれば、

  • 賭けを開催する側・・・合法
  • 賭けに参加する人・・・違法
このようになります。

(日本ではあり得ませんが、海外ではブックメーカーを合法的に運営できる国も珍しくありません。)

これにも賭博罪が適用されそうですが、実際には賭博罪は適用されません。

それは賭博罪が、胴元(ギャンブルを開催している側)を検挙することを目的としているからです。

だからこそ、胴元が合法的に運営されていれば違法性はないとされています。


ちなみにこれは私が勝手に言ってるのではなく、実際にこういった問題に関わった弁護士の意見です。

オンラインカジノで逮捕者が出た際、その方の弁護をした津田岳宏さんのブログから引用しています。

本件の特徴は,当該賭博行為につき,海外で合法的なライセンスを得ている一方当事者である胴元を処罰することはできないところ,他方当事者であるユーザーを処罰しようとする点にある。

(中略)

賭博行為について,刑事責任のメインは開張者(胴元)が負うのであり,賭博者(客)が負う責任はある意味で付随的である。

賭博犯の捜査は胴元の検挙を目的におこなうものであり,「賭博事犯の捜査実務」にもその旨記載がある。

そこには,些細な賭け麻雀を安易に検挙すべきでない旨の記載もある。胴元のいない賭博を安直に検挙することをいさめる趣旨である。

(中略)

結果が出たのは,間違いのない事実である。

本日時点において,オンラインカジノプレイヤーが対象となった賭博罪被疑事件で争った案件は国内でただひとつであり,そのひとつは,不起訴となった。

言うまでもなく,不起訴は不処罰であり,何らの前科はつかない。平たく言うと「おとがめなし」ということだ。

営利の目的なく個人の楽しみとしてする行為を対象とする単純賭博罪の不当性をうったえ続けている弁護士として,この結果を嬉しく思う。そしてちょっぴり誇りに思う。

少し長いのでカンタンにまとめると、

  • 賭博行為において刑事責任は主に胴元が負うもの
  • 胴元を処罰できないのに客を処罰しようとしている本件は問題がある
  • 国内で逮捕されたのはこの1件だけであり、不起訴となった

こんな感じです。

ちなみに逮捕者が出た背景は、いわゆる「見せしめ」目的で警察が暴走したんじゃないかという説があります。

でも不起訴になってるという事は、検察が「これだと有罪には出来ない」と判断したという事です。


ついでにいうと日本では前例が重視されるので、これ以降は逮捕者すらまず出ないと思われます。

実際、この問題が起きたのは2017年ですが2022年現在までオンラインギャンブルの逮捕者が出たというニュースは聞いたことがありません。


これらのことから、スポーツベットを楽しんでも違法性がないケースも存在するということが言えます。

当然、私が利用している「Sportsbet.io」も違法性はありません。

運営元はオランダ領キュラソー島にあり、政府からライセンスを取得して合法的に運営されています。

2016年から続いてるブックメーカーなので、安心して利用しています。


興味がある方は公式サイトを覗いてみてください。